脂肪燃焼ダイエットの基本とポイント

食生活に脂肪燃焼を妨げるような原因があると、脂肪燃焼ダイエットを実践して一生懸命運動をしているのに効果が出ない。。

ということがおきてしまいます。

 

ダイエットのためにまずは、脂肪を燃焼させやすい体にしなくてはいけません。

炭水化物や糖分の摂りすぎは大敵です。食生活を振り返って見ましょう。

 

炭水化物や糖分は控えめに

炭水化物や糖分は体脂肪より優先してエネルギーに使われます。

普段の食生活で糖分や炭水化物のとりすぎに気を付けていれば、脂肪燃焼の効率をあげることができるようになります。

 

また運動前の食事では炭水化物を控えめにすることで、 脂肪燃焼の効率をさらに高めることができます。

反対に運動前に炭水化物をたくさんとってしまうと、血糖値が一気に上がってしまい脂肪が消費されなくなるのです。

 

ですが、ダイエットのためだからと食べずに運動をするのもよくありません。

体がいわゆる飢餓状態になって逆に脂肪をためやすい体になってしまいます。

運動をする数時間前に、高たんぱく質を少し増やした食事をするのがよいでしょう。

 

体脂肪の種類

また体脂肪には、次の2種類があります。

  1. 脂肪を貯め込む白色脂肪
  2. エネルギーを消費して人間の体温を維持するための褐色細胞

 

このうち褐色細胞の方が脂肪燃焼に重要です。ダイエットではこの褐色細胞を活用していきましょう。

 

この褐色脂肪細胞は体のきわめて限られた部分にしかありません。

主に肩胛骨、首の後、脇の下などです。

 

ここに寒冷刺激などの刺激を与えるなどすることで脂肪燃焼効果がアップします。

 

うまく活用することで運動による脂肪燃焼効率を大きくあげることができますよ^^

[`yahoo` not found]
LINEで送る