3月3日は雛祭り、桃の節句ともいわれていますね。

もともとは旧暦の3月3日に行われていたそうで、ちょうど桃の花が咲く時期だったことから「桃の節句」となったみたいです。

一生の災厄を身代りになって引き受けてくれると言われる雛人形。

武家などの身分の高い女性の嫁入り道具の一つにもなっていたそうで、どんどんゴージャスに進化していったそうです。

 

そして現代。

雛人形について調べていたらこんなものを見つけてしまいましたよ。

 

すごいですね。まさかあのリカちゃん人形が雛人形になるとは。

おもちゃかと思ったら、本物の雛人形でした^^;

雛人形の歴史は正当進化からついに「コラボレーション」の時代に入ったようです。

「こんなお雛様だったら一年中飾っておきたい!」という子が続出しそうですね。

 

折り紙で作る雛人形

こんな感じですね。

くわしい折り方はこちらをご覧ください。Mica Male Studio

 

結構複雑な折り方をするので、ひたすら練習あるのみです。

試しにやってみたら結構苦戦しました 笑

 

ポイントとして、はちょっと大きめの折り紙を使うことで難易度が少し和らぐ気がしました。

あと、顔を出す切れ込みを作るときに切断注意です!

カッターナイフを使った方がいいと思います。

 

なかなか難易度の高い雛人形の折り紙ですが、子供って教えると結構すぐ覚えちゃうんですよね。

すごい集中力です。

おまけ雑学

雛人形の飾り方は日本各地さまざまあるようです。

特に決まった飾り方はないそうで、割と自由みたい。

なかには10段や15段なんていうとんでもないスケールのものもありますしね。

一般的な並びは右(向かって左)に男雛だそうで、結婚式の新郎新婦はこれに倣っているそうです。

男雛を向かって左に置くのを「現代式」反対に向かって右側に置くのを「古式」というそうです。

雛人形を片付ける時期については、3月いっぱいまで飾っておいても良いそうです。

一般にいつまでも飾っておくと・・
なんて言われますが、使い終わったものをいつまでも片付けないとご縁も遠ざかるといった戒めみたいなものです。

あらかじめ片付ける日を決めておいて、きちんとその日に片付けるのであれば問題ないでしょう。

くれぐれも、「3月中に片付ければいいからー」といって出しっぱなしはだめですよ。それはズボラです 笑

 

お気に入りの雛人形を少しでも長く飾っておきたいと思ってる人は考えてみてもいいかもしれませんね。

[`yahoo` not found]
LINEで送る