海で自然と触れ合い,楽しみながら美味しい晩御飯の食材あさりがゲットできてしまう潮干狩り。

波打ち際などごく浅い場所でも取れるので、初心者や小さなお子さんでも簡単にできるのが魅力です。

303

 

僕の地元でもあさりがよく取れるのですが、子供のころはバケツいっぱいになるまで夢中で拾っていたものです 笑

特にコツなどがあるわけでもなく、唯一あるとすれば人が掘ってないところを掘る、深く掘ってもいない、くらいですかね。

そんな手軽に楽しめる潮干狩りですが、事前に知っておいた方が良い知識や必要な持ち物などがいくつかあります。

今回お伝えするのは、そんな知って得する便利情報です。

初心者の方も、また、「あれ?なに持って行けばいいんだっけ?」な方もぜひ覚えて行ってくださいね。

 

それでは早速潮干狩り必要な持ち物を一緒にチェックしていきましょう^^


潮干狩りに必要な持ち物たち

まずはこれは必須だと思うものをずらーーっっと

  • サンダル
  • タオル
  • 軍手
  • 熊手(地域によっては大きさに制限があるので注意)またはスコップ
  • バケツ
  • ペットボトル(海水を入れるため。2Lを数本)
  • 着替え

素手であさりを掘ると結構爪がやばいことになりますので軍手推奨です。

ペットボトルはあさりを持ち帰る時と、砂を吐かせるために海水を使うのでぜひ用意しましょう。

それから、かなり濡れますので着替えは必須です。

これらは忘れずに用意しましょう。

あればなお良いもの

  • 貝を入れる網(ミカンの網みたいなやつ)
  • クーラーボックス
  • 目薬
  • 日焼け止め
  • ウェットティッシュ
  • ぶくぶく(空気送るポンプ)

 

目に海水が入ると潮干狩りどころではない痛さなので目薬があると助かるかもしれない。僕の経験からです。。

結構日差しが強かったりするので日焼け止めがあるといいです。長時間しゃがんでいるので首の後ろとか。。男性でもつらいですよね^^;

自宅まで距離がある場合、あさりが酸欠で弱ってしまうのでぶくぶくがあると便利です。

弱ってしまうとうまく砂を吐いてくれませんので。

服装にも気を付けよう

春先やゴールデンウィーク期間など、実際海に行くと風が結構あったりしてまだまだ寒いです。

長袖や、上着を一枚用意しておくといいですね。

上着の代用として使い捨てのレインコートを使うのもおすすめです。

風も水しぶきも防げてとっても便利ですよ。

潮干狩りに適した日の選び方は?

潮干狩りを楽しむためには、行く日と時間が重要です。

海は月の引力の影響を受けて絶えず潮位が変化しています。

潮干狩りに適したタイミングは潮位の低い状態です。

ベストタイミングは大潮(潮の満ち引きが最も大きい)の干潮前後2時間(合計4時間)です。

参考までに2015年のゴールデンウィーク期間中だと、5月の3日~6日が大潮となっていますので潮干狩りには最高の条件となります。

なお干潮の時刻は地域によって異なるため、こちらのサイトで確認してください。潮位の確認はこちら

 

また、このサイト以外にも「潮見表」や「タイドグラフ」で検索すればいろいろ出てきますので見やすいと思うものを使ってくださいね。

スマホ用のアプリなんかもあるのでスマホやiPhoneをお持ちの方はそっちをおすすめします。

取ったあさりの持ち帰り方

バケツ、またはクーラボックスに海水を入れて持ち帰ってください。

想像以上にバケツの水はジャバジャバなるので、用意できるようならクーラーボックスなどふたができるものが楽です。

ぶくぶくを使ってあげると鮮度を保ったまま持ち帰れます。自宅まで何時間もかかるようなら使ったほうがいいと思います。

せっかく家族みんなで取ってきたあさりが砂でじゃりじゃりだったら、ちょっと残念な気持ちになっちゃいますしね。

とまあ、今回のお話は以上です。
ここまで知っておけばもう初心者ではないですよ 笑

あさり、たくさん取れるといいですね^^



[`yahoo` not found]
LINEで送る