ついさっきまで元気に食事をしていたのに、突然激しい吐

き気に襲われたり、腹痛、下痢、発熱と畳み掛けるように

やってくる、急性胃腸炎

 

できる事なら一生関わりたくないものですね。

 

急性胃腸炎にもいくつか種類があって、それらをまとめて

急性胃腸炎と呼ぶようです。

 

症状はどれも似ているのですが、原因が違うことで分類

されているのですね。

早速チェックしてみましょう。

急性胃腸炎の種類は?

まず、細菌が原因で起こる細菌性胃腸炎

代表的な例ではサルモネラ菌やO-157などで、夏場の食

中毒の原因になる場合が多いです。

 

特徴として、ウイルス性胃腸炎よりも症状が重いケースが

多いです。

 

 

次に、ウイルスが原因で起こるウイルス性胃腸炎

ノロウイルスやロタウイルス、アデノウイルスなどが有名

です。

 

冬場に多く、特にノロウイルスは感染力が非常に高く厄介

です。生ガキなどからよく感染します。

 

管理人も以前このノロで苦しみました。。

 

幼児などはとくにかかりやすいので注意が必要なのもこの

タイプです。

 

吐しゃ物や便の後処理中に親へ二次感染、というケースが

多いです。うがい手洗いをとにかく徹底しましょう。

 

 

 

そして、最後はストレスなどが原因で起こる急性胃腸炎

原因は精神的なストレスや、暴飲暴食などです。

特にアルコールは胃への負担が大きく原因になりやすいよ

うです。

 

次は急性胃腸炎の対策を見ていきます。

と言っても、原因がストレス性の場合はどうしようもない

ので。。すまませんが省かせていただきます。

急性胃腸炎の対策は?

細菌性、ウイルス性ともに主な感染経路は口からになりま

すので、予防の基本はうがい手洗いです。

 

また、食品が傷みやすい夏場は調理の際しっかりと加熱

るようにすることです。

 

冬場のカキ(生以外でも)は、信頼のできるお店で食べる

か、ご自宅の場合は念入りに加熱して食べることをおすす

めします。

急性胃腸炎になってしまったら?

急な嘔吐、下痢、発熱などの症状が出たらまずはすぐに医

者の診察を受けましょう。

 

といっても具体的な治療法はないそうですが、症状を和ら

げるお薬をくれるので多少楽になります。

 

原因が感染性の胃腸炎の場合は、家族等への二次感染の危

険がありますので、うがい手洗いを徹底しましょう。

 

処方された薬を飲んで安静にしていれば、吐き気は2日

程、下痢、発熱も3日もすれば回復する事が多いようで

す。

 

 

ただし、炎症の具合によっては1週間以上かかる人もいる

ようなので3、4日しても改善が見られない場合は再度受

診したほうが良いでしょう。

一日でも早く治すためには?

傷付き弱った胃腸を休ませるために食事は極力控えましょ

う。少なくとも丸一日は絶食したほうがいいです。

 

食事はおかゆなど消化の良いものを。

症状が治まってきても一週間は体内にウイルスなどが残っ

ています。油断せずに徐々に普段の食事に変えていきま

しょう。

 

栄養ドリンクなども胃腸に負担を掛けるだけなので避けま

しょう。

 

下痢止め、吐き気止めは絶対に飲まないこと。

体内の悪いものを外に出そうとしているので薬で止めてし

まってはだめです。

 

そして、水分補給をしっかりとすることです。

嘔吐、下痢、発熱による発汗で脱水症状になるケースもあ

ります。こまめに水分補給をしてください。

 

また、その際にスポーツドリンクは避けた方が良いです。

健康な胃腸には良いのですが、事胃腸炎治療となると具合

が悪いようです。

 

経口補水液(ドラッグストアなどで売ってます)を飲むよ

うにするとよいでしょう。軽症~中程度の脱水時に効果の

ある飲み物です。ただし結構不味いです。

 

ちなみに経口補水液とはこんなような物です。

参考にしてください。

 

吐き気がひどくて水分補給が困難な場合は、医者で点滴を

してもらってください。楽になります。

最後に

ノロウイルスが原因だった場合、元気になっても一週間は

体内にウイルスがたくさんいる状態です。

 

特に感染力が高いウイルスなので、食品などを扱うお仕事

をされている方は上司とよく相談してから職場に復帰して

くださいね。

 

それではお大事に。

[`yahoo` not found]
LINEで送る