言わずと知れた春の名物「桜餅」。

塩漬けにした桜の葉の塩分とお餅の甘さがマッチしてとて

も美味しいですよね。

 

でも、桜餅に道明寺」と「長命寺」の2種類がある

いうことは意外と知られていないようです。

さっそくそれぞれの違いを見ていきましょう。

道明寺桜餅 (関西風桜餅)

道明寺は、主に関西方面で食べられている桜餅です。

原料には道明寺粉(餅米を蒸して乾燥、粗挽きしたもの)を使います。

完成した見た目は大福やお饅頭のような感じです。

 

道明寺はお寺の名前ですが、桜餅の発祥地というわけでは

なく「道明寺粉」を使って作られているのでこう呼ばれる

ようになったそうです。

 

餅米を蒸して乾燥させた保存食を「糒」(ほしい)と呼

び、(干飯、乾飯とも)特に道明寺の糒は有名だったよう

です。

いつしか糒を道明寺と呼ぶようになり、その道明寺を粗挽

きにしたものが道明寺粉となります。

 

沢庵漬けのたくあんみたいな感じですかね。

 

ちなみにこの道明寺粉で作られた桜餅を指す「道明寺」と

いう呼び名。

関東で長命寺と区別するために使われますが、関西では道

明寺という名前のお菓子は無く、桜餅は桜餅だそうです。

 

なんだかややこしいですね^^;

長命寺桜餅 (関東風桜餅)

実はこっちが本家。

 

江戸時代に長命寺の門番が、大量に降り積もる桜の葉っぱ

を何か利用できないかと考え、塩漬けにしてお餅を包んで

売り出してみたのが始まりだそうです。

 

小麦粉などを薄く焼いたものに餡を包んだもので、見た目

クレープのような感じです。

 

桜の葉を塩漬け以外にも醤油漬けなど試したようですが、

不味かったのか不評だったようです。

なぜ2種類あるの?

関東から関西に伝わる際にいろいろアレンジが加わったよ

うです。

 

いろんな試行錯誤の結果、道明寺粉を使ったものが人気が

あって定着したということなんでしょうね。

 

本家の長命寺を差し置いて「これが桜餅だ」と言ってしま

うあたり、相当な支持率だったのではないでしょうか。

 

この話を聞いて管理人はMacと”"Windowsを連想してしま

いました。

 

どちらも好みで選べばいいんじゃないですかね。

葉っぱについて

桜餅に2種類あるのは上記の通りですが、どちらの桜餅も

塩漬けされた桜の葉で包まれているのは共通です。

 

この葉っぱについても食べる派、食べない葉で別れるよう

です。

ですが食べ方の作法について調べてみると、特に決まりは

無いそうなので好きにすればよいとの事。

 

使われる桜の葉は「オオシマザクラ」が一般的なようで、

理由としては毛が少なく柔らかい、のだそう。

 

また、桜餅独特のあの香りは、桜の葉に含まれる「クマリ

ン」という成分に由来するもの。

桜の葉そのままではあの香りにはならず、熱湯にくぐら

せ、塩で揉むことで香るようになるそうです。

 

またクマリンという成分は決して体に良いものではないと

の意見も。

普通に食べる量では害は無いようですが、何枚も大量に食

べるのはやめておいた方が良さそうです。

[`yahoo` not found]
LINEで送る