大きくてくるくるとよく動く目が特徴で、ネズミやセミ、

スズメなどを捕まえるのが得意な猫。

 

こんなにも狩りが得意な猫ですから、さぞ視力もいいのだ

ろうと思われがちですが、実際は違っているようです。



猫の視力はどのくらい??猫の見ている世界

猫の視力は人間の視力にして、0.2位しかないようです。

そして結構な近眼です。意外ですよね。

 

猫は夜行性のため、薄暗い中でもよく見えるように水晶体

や角膜が非常に発達しています。

 

横から見るとわかりやすいですが、まるでビー玉のように

まん丸くて分厚いです。

 

これによって少しでも多くの光を取り込もうとしているの

ですが、分厚い「レンズ」の代償に映像としてはぼやけて

見えるようになってしまっているのですね。

 

猫はかなりの近眼で、最も物が良く見える距離は2m~6

m位と言われています。

 

10m~20mの距離になるとほとんど見えていないよう

です。

 

例えば、よくなついている飼い猫に外であった時、一瞬こ

ちらをちらっと見てそのまますたすた歩いて行ってしまっ

た。。なんてことも。

 

これは、探検中で構って欲しくない、という事もあります

が単純に飼い主だと気付いていないことも多いです。

 

猫は視力は弱いですが、耳はとてもいいので優しく話しか

けてあげると「おや?ご主人だったか」と気が付いて寄っ

てくることもありますよ。

 

また、猫は赤い色を識別できないようで黒っぽく見えてい

るようです。全体的に青っぽい景色を見ているとも言われ

ています。

猫の目の能力

猫の目は暗い環境の中でも快適に狩りができるように進化

しています。

 

暗闇でキラッと光るのもその一つですね。猫の目にはタ

ペータムという反射板のような組織があります。

反射板のように目の中で上手に光を反射させてよく見える

ようになっているのです。

 

このおかげで、月明かりの下でもまるで昼間のように獲物

の姿を捉えて狩りができます。

 

その精度は人間の目の6倍程あるそうで、私たちがかろう

じて物が見える暗さの中で、猫は全速力で走り回る事がで

きる位見えているという事になります。

 

また動体視力などは人間よりもかなり優れています。

視力の適正距離をはるかに超える50m先でも、動いている

ものなら暗がりの中でも反応するようです。

 

人間の目では認識できない蛍光灯の明滅も猫にははっきり

見えていると考えられています。

 

また、距離の測定もかなりの精度でできるようです。

 

発達した水晶体をカメラのレンズのようにズームして、獲

物との距離を数センチ単位で正確に測定することができる

のだとか。

 

猫の視力が弱いのは、全て狩りを成功させるための機能を

追求した結果だったのですね。

[`yahoo` not found]
LINEで送る