猫と言えば爪。

かわいい肉球をぎゅっと握るとにょきっと出てくる鋭い

爪。

 

あの鋭い爪を見ると「ああ、猫はやっぱりハンターなんだ

なあ」と思いますよね。

 

獲物を狩る時や、木登りの時などに大活躍する猫の爪です

が、どうやってピンピンに尖った状態を維持しているのか

不思議ですよね。

 

今回はそんな不思議な猫の爪について見て行きましょう。

猫の爪が鋭いわけ

猫の習性でよく知られている行動に「爪研ぎ」がありま

す。

 

柱や、畳、ソファー、や木など気に入った場所があるとば

りばり引っ搔くあれですね。

 

簡単に言ってしまえばこまめに爪研ぎをしているから鋭

、のですが無造作にばりばり引っ搔いているだけであん

なに鋭くなるわけありません。

 

普通に考えたら、むしろどんどんなまくらになってしまう

はずですよね。

 

実は猫の爪の構造に秘密があるのです。

 

猫の爪は私たち人間の爪と違って、「鞘」のようなものに

包まれて伸びていきます。

 

ある程度伸びると鞘が剥けるようになって、するとピンピ

ンの状態の爪が出てくるというわけです。

 

イメージとしてはタケノコみたいな感じですね。

 

猫はこの「鞘」をこまめに剥がす事で新品の爪を用意して

いるのです。

 

「爪研ぎ」とは言っても爪を研いで尖らせているわけでは

ないのです。

 

ちなみに猫がこの「爪研ぎ」をするのは前足だけで、後ろ

足の爪は歯でガジガジかじって剥いています。

 

前足の爪でうまく剥がしきれなかった部分をガジガジやっ

ているのを見かける事もあります。

 

とてもかわいいので見れたらラッキーと思いましょう。

猫の爪のお手入れ

外出する猫の爪は切らないようにしましょう。

野良猫とケンカになったとき武器が無いので一方的にやら

れたり、木登りに失敗して落下して怪我をするかもしれま

せん。

 

室内で飼う猫の場合はこまめに爪切りをしてあげましょ

う。

 

家具などを爪研ぎのダメージから守れますし、猫パンチさ

れても怪我しなくて済みます。

 

また、爪が伸びすぎると肉球に刺さって怪我をする事もあ

るそうです。

 

爪切りは人間用では上手く切れないので、ペットショップ

などで猫用を買う事。(人間用だと爪が潰れてうまく切れ

ない。)

 

ただでさえじっとしているのが苦手な猫。正面から爪切り

しようとしてもまず無理でしょう。

 

コツは後ろ向きにだっこして膝の上に乗せる事。

猫の爪は普段は収納されているので隠れています。

 

肉球のあたりをギュッと握ると爪がにょきっと出てくるの

先端2mm位を切ってあげましょう。

 

猫の爪をよーく見るとピンク色の血管があります。慣れれ

ばその手前まで切ってしまっても構いません。

 

猫が爪切りに慣れるまでは、一度に全ての爪を切るのは難

しいと思います。

 

嫌がる素振りを見せたらそこで中断して、数回にわけて切

るようにしてあげてください。

 

猫にとって爪は身を守る武器だったり、狩りの為の道具で

あり生命線です。

 

慣れないうちに強引に切ろうとすると怒って思いっきり噛

みついたり引っ搔いたり、さらに後ろ足でキックまでされ

かねません^^;

 

体が小さいとはいえ本気になった猫はとんでもなく強いの

で、猫になにかする時は「嫌がったらいったんやめ

る」を守ってくださいね。

[`yahoo` not found]
LINEで送る