アレルギー性鼻炎花粉症の違いは意外と知られていな

いようです。

 

どちらも症状はほとんど同じため、原因がはっきりしてい

ない場合は「アレルギー性鼻炎」の一言で済ませてしま

っている感があります。


 

アレルギー性鼻炎は、原因物質であるアレルゲンに免疫

が過剰反応して起こる鼻炎です。

 

アレルゲンにはハウスダストや花粉など様々なものが

あり、アレルギー性鼻炎は年間を通してあるハウスダス

トなどが原因の「通年性アレルギー性鼻炎」と、花粉の

ような季節が決まっている「季節性アレルギー性鼻炎

に分けられています。

 

つまり、花粉症とは季節性アレルギー性鼻炎の事であり

アレルギー性鼻炎と呼んでも間違いではないのですね。

 

ただ、花粉症の症状は鼻炎だけではないですけどね。

通年性アレルギー性鼻炎とは

通年性アレルギー性鼻炎の主な原因アレルゲンは、ハウ

スダスト、大気汚染、シックハウスなどです。

 

特にハウスダストが原因の人が多く、花粉症患者の半数

以上はハウスダストにも敏感であると言われています。

 

症状としては、花粉症の鼻炎と同じですがやや軽い場合

が多いようです。

 

花粉のようにある季節に爆発的に増える、といったこと

が無いためだと思われます。

 

年間を通して鼻づまり、鼻水(透明でサラサラ)の症状

がある場合は通年性アレルギー性鼻炎の可能性が高い

です。

ハウスダスト原因・対策など

通年性アレルギー性鼻炎の対策としてまずする事は、原

因アレルゲンを特定する事です。なにが原因かわからな

いと対策のしようが無いからですね。

 

耳鼻咽喉科を受診してアレルギー抗体検査をしてもらい

ましょう。

 

これによって原因アレルゲンが判明するので、それに応

じた対策をしていきます。

主な原因であるハウスダストについて

ハウスダストとは、ヒトやペットのフケやほこり、ダニ

の死骸や糞、カビ、細菌などです。

 

近年では、冷暖房の普及や住宅の密閉化によりハウスダ

ストによるアレルギー患者が急増しているそうです。

 

対策は、こまめな掃除と換気が基本になります。

 

掃除機は排気の綺麗なサイクロン式の物を選び、ゆっく

りじっくりとかけるのがポイントです。

 

カーペットや布団・枕などはダニの住処ですので特に念

入りに手入れしましょう。

 

布団乾燥機や布団クリーナーを使うのも効果的です。

 

特に、ダニの繁殖期である6~9月とダニの死骸や糞が

空中に浮遊する10~11月は特に気を付けましょう。

 

寝室などに空気清浄機を設置するのも効果的です。

花粉は1年中飛んでいる

季節性アレルギー性鼻炎は花粉が原因アレルゲンとなっ

て発症します。

 

原因となる花粉は実はかなりたくさんあって、一年中

にかしらの花粉が飛んでいます。

 

代表的な花粉を上げると

春 スギ、ヒノキ

夏 イネ科植物

秋 ブタクサ、ヨモギ

冬 カナムグラ

などがあります。

 

花粉症患者で最も多いのがスギ花粉症ですが、スギ花粉

症患者の多くは上記のような他の花粉にも敏感なよう

です。

 

スギ花粉のピークを過ぎても症状が治まらない場合は、

他の花粉の影響かもしれません。

 

ちなみに、スギ花粉に続けてやってくるヒノキ花粉の症

状は喉にも来ると言われていますね。

 

冬場は全体的に花粉が少ないですが、スギやイネは年末

年始にも花粉を飛ばしています。

 

スギにいたっては花粉が飛ばない時期は7月、8月だけ

です。もちろんピークの春に比べれば飛散量はずっと少

ないですが、敏感な人は反応してしまうかもしれないで

すね。

花粉症対策

花粉症対策は、なんといっても花粉の体内への侵入を防

ぐことです。

 

マスク、メガネ等を上手に活用しましょう。

 

また、家に入る前には衣服に着いた花粉をよく払い、う

がい、洗眼をするといいです。洗眼や鼻うがいも効果が

高いです。

 

先に書いたように、複数の花粉で症状が出る人もいるの

で心当たりがあるようなら医者でアレルギー検査をして

原因の花粉を調べておきましょう。

 

原因の花粉がわかれば、その主な飛散時期もわかるので

症状が出る前に薬を飲むことができます。

 

花粉症の薬は症状が出てから飲むよりも、1~2週間前

から服用を始めた方が効果が高いのです。

 

経験上、花粉症の症状は睡眠不足だと悪化しやすいです。

十分に睡眠をとるようにすることも大切です。

 

睡眠が重要な理由はもう一つあって、花粉症の薬は例外

なく副作用として強い眠気があります。

 

最近では眠くなりにくい薬もでてきていますが、人によ

ってはそれでもかなりの眠気を感じます。

 

そんな薬を寝不足の状態で飲めばどうなるか?わかりま

すよね。

 

寝不足だと症状が悪化してつらくなる、でも薬を飲むと

耐えられない程の眠気に襲われるから飲めない。。

 

こんな悪循環に陥らないように睡眠時間はしっかりとり

ましょう。

 

花粉症は病気みたいなものです。

病人はさっさと寝る!これが一番です。

[`yahoo` not found]
LINEで送る