の愛くるしい表情や仕草はなにをやってもかわいいで

すよね。

 

好奇心旺盛な猫ちゃんであれば、飼い主さんの食事にも

興味津々でおねだり攻撃をしてきます。

 

あまりのかわいさについつい食べさせてあげたくなって

しまいますが、ちょっと待ってください。


 

猫は完全肉食の動物で、人間とは体のつくりが全く違い

ます。人間が食べても平気な物でも、猫にとって毒な物

はたくさんあります。

 

毒性の強いものだと、猫の体が小さい事も相まってほん

少量でも死んでしまうことだってあるのです。

 

猫はもともと砂漠出身の肉食動物なので、主食としてい

たのはネズミなどの小動物や虫です。野菜や穀物は全く

消化・吸収できません。

 

また、猫と聞くとが好物なのでは?というのも間違っ

たイメージです。砂漠出身の猫に魚介類を食べる習慣な

どありません。魚介類も害はあっても良いことはない

です。

 

基本的には人間の食事は食べさせないのが良いで

すが、絶対に与えてはいけない物だけは覚えておきま

しょう。

猫に絶対食べさせてはいけない物

ネギ、玉ねぎ、ニラ、ニンニクなど

 

人間にとっては、血液サラサラ効果や滋養強壮などの効

果がある健康食品ですが猫にとっては猛毒です。

 

少量食べただけで死んでしまう事があるくらい危険です

ので絶対に食べさせてはいけません。

 

これは、スープや炒め物など加熱調理しても同じことです。

 

特に味噌汁などの場合、出汁の香りなどにつられて猫が

舐めてしまうこともありえます。

 

知人の飼い猫はこれが原因で死んでしまいました。

 

 

タコ、イカ、貝類など

 

これらも猫にとって有毒です。

神経毒のような作用で全身がけいれんしたりするよう

です。

 

アワビなどは、耳がただれたりする症状があると言われ

ています。

 

タコ、イカは加熱調理すれば大丈夫とも言われますが、

あえて食べさせる必要はないのは言うまでもないですね。

 

また、毒ではないですがにぼしを含む魚を与えるのも控

えた方が良いです。猫にとっては大した栄養にはならず

、さまざまな内臓疾患にかかりやすくなります。

 

 

チョコレート、コーヒーなど

 

これらも猛毒です。

猫はチョコレートを食べたら死んでしまうので気を付け

ましょう。

 

知らないと「甘くておいしいチョコを食べさせてあげ

たい」なんて考えてしまうかもしれないので、結構危険

です。

 

特に小さな子供を猫と遊ばせる時は気をつけましょう。

まとめ

人間の食事には調味料や油も多く、それらも猫にとって

は有害なのです。

 

猫が人間の食べ物に興味を持って近づいてきても、食べ

させない事が飼い主さんの一番の愛情表現であると覚え

ましょう。

 

猫が誤って食べてしまう可能性があるため、キッチンに

猫がひとりで入れないように工夫する事、食べ物を猫の

目に触れる場所に置かない事も大切です。

 

あげないと猫に嫌われてしまうのでは・・?と心配する

人がいるようですが、絶対にそんなことにはなりません

ので安心してください。

 

猫にはそんな複雑な思考はなく「おねだりしてももらえ

ないんだな」と学習するだけです。

 

猫の事を大切に思っているのであれば、キャットフード

を食べさせることが一番なのです。

 

特別な日やご褒美にいい物を食べさせてあげたいと思う

のであれば、高級キャットフードや猫用のおやつを買っ

てあげると喜びますよ。

[`yahoo` not found]
LINEで送る