噛まれるととっても痛いですよね。

例え子猫であっても猫の歯はとても鋭く尖っているの

で、人間の皮膚に簡単に穴を開けてしまいます。

 

いくらかわいい猫でも、度々指や手のひらに穴を開けら

れては安心して暮らせません。

 

猫に噛み癖をつけない、噛むのをやめさせるにはどうしつければよいのでしょうか?

 

さっそく見て行きましょう。

なぜ猫は噛むのでしょうか?

猫が物や人を噛むのは、猫の狩猟本能によるものです。

 

もともとネズミなどを狩り暮らしていた猫は、素早く動

き回る小さな物を見ると狩猟本能が刺激されて攻撃的に

なるのです。

 

特に子猫は好奇心旺盛で、人間の手や指の動きにもよ

くじゃれついてきます。

 

 

直接自分の手で遊んであげると楽しいのですが、実はこ

れが噛み癖の原因になっている事が多いようです。

 

子猫の頃から日常的に手や指で遊ばせていると、人間の

手を遊び道具として認識してしまい噛み癖がついてしま

のです。

 

猫を遊ばせる時は、じゃらしおもちゃやネズミのおも

ちゃなどを使うようにしましょう。猫もそっちのほうが

喜びます。

 

すでに噛み癖が付いてしまっている場合は、噛まれた

ら「痛い!!」と言って猫に痛がっている事を伝えて、

しばらく猫と距離を取ります。

 

これを根気よく繰り返す事で、「噛んだら構ってもらえ

なくなる」と学習して噛み癖や、噛む力加減なんかを覚

えて行きます。

猫が力いっぱい噛みついてくる

これは猫の教育不足が原因の事が多いです。

 

大半の猫は、母猫や兄弟猫とのじゃれあいやケンカで「

噛まれたら痛い」とか「これ以上強く噛むと相手が痛

がる」というのを体で覚えて行きます。

 

しかし、生後2,3ヶ月以内に母猫や兄弟猫と引き離さ

れた子猫には、この教育期間が無いため噛む力加減がわ

からないのです。

 

この場合は飼い主さんが母猫の代わりになって、猫に噛

む力加減を教育してあげなくてはいけません。

 

教育が終わるまでは何度も痛い思いをする事になりま

すが、覚悟を決めて頑張りましょう。

 

しつけ方は上記と同じように噛、まれたら「痛い!」「

こらっ!」などと叱りつけて無視することです。

 

ただし、叩いたり蹴ったりしてやり返してはいけません。

猫の何倍も体の大きい人間に叩かれたり、蹴られたりし

たら猫にとってはとんでもない恐怖体験です。

 

飼い主さんのことを嫌いになってますます凶暴な性格

になってしまいます。

 

また、噛まれた時に指を口の中に押し込むと嫌がって離

す事もあります。

 

繰り返す事で力加減を覚えて、いわゆる「甘噛み」を体

得していきます。

 

きちんと教育できれば、たとえ不機嫌なときでもいきな

り強く噛みついてくることは無くなります。

 

愛情をもって根気よく猫と向き合ってあげてくださいね。

[`yahoo` not found]
LINEで送る