4月8日、千葉県銚子市の海岸でけがをしたオットセイ

水族館に保護されました。

 

このオットセイは首に糸のようなものが絡み付いて怪我

をしていましたが、水族館で治療して現在は元気に歩

き回っているようです。

 

飼育員さんも「傷の広さの割に命に別状はなさそう」

と言っていましたので、ひとまずは安心ですね。

 

今後はしばらく様子を見てから海に返す予定だそうです。

 

さて、今回保護されたのは「オットセイ」ですが、似た

ような動物に「アシカ」と「アザラシ」がいますよね?

 

水族館に行った時やTV番組を見ている時に、子供に

違いを聞かれてわかりやすく教えてあげられますか??

 

なんとなく答えてはぐらかしている人も多いのではない

でしょうか。

 

この機会にしっかり覚えて教えてあげましょうね。

 

それではアザラシ、アシカ、オットセイの違いと見分け

を順番に見て行きましょう。

アザラシの特徴

まずはアザラシの特徴からです。

 

アザラシは「アザラシ科」の動物です。次に説明するア

シカとオットセイは「アシカ科」なので、犬と猫くらい

別の生き物ということになりますね。

azarasi

アザラシ

  • 耳が無い(ぽつんと耳の穴があいている)
  • ずんぐりした体形をしている
  • 後ろ脚のヒレは真っ直ぐ揃っていて歩けない
  • 上半身を起こせない
  • 前ヒレに5本のかぎ爪がある
  • 陸では前ヒレを使ってお腹で滑るように動くか転がって移動する
  • 泳ぐのがとても速い

といった特徴があります。

アシカとオットセイの特徴

次にアシカとオットセイの特徴を見てみましょう。

 

まずは、アザラシ科とアシカ科の違いからです。アシカ科には

  • 耳がある
  • 後ろ足が左右に開いていて歩ける、体の下にたくし込める
  • 前ヒレにかぎ爪はない
  • 泳ぐのはアザラシのように速く無い

といった特徴があります。

 

アシカ科は英語で「耳のあるアザラシ」や「歩くアザ

ラシ」と言われるので、これを覚えておけばアザラシと

の違いはまず大丈夫ですね^^

 

次にアシカとオットセイの違いを見て行きましょう。

同じアシカ科の動物なので大きな違いがなく、見分けるのが大変です。

 

アシカ

asika

  • ツルッとしている
  • 小さな耳がある
  • 後ろ脚のヒレ先が不揃いになっている

 

オットセイ

ottosei

  • アシカよりも毛深い
  • アシカよりも耳が大きい
  • 後ろ脚のヒレがアシカよりも長い。ヒレ先が揃っている。

 

といった感じです。

細かい違いですが、注意してみればわかりそうですね。

 

ちなみにアシカ科にはトドもいますが、トドはアシカ

やオットセイに比べてずっと大きいのでわかりやすいで

すね。

 

他にセイウチがいますが、セイウチも体が大きくがあ

るのでわかりやすいです。

 

セイウチの牙は生涯伸び続けるようで、オスの牙はなん

と100cmにもなるそうですよ。

それぞれの違いと見分け方をわかりやすく!

最後に簡単にまとめてみます。

 

アザラシ・・・ずんぐりしていて歩けない。上半身を起こせない。耳が無い。

 

アシカ・・・ちっちゃい耳がある。ツルッ。

 

オットセイ・・・耳が目立つ。毛深い。後ろ脚ヒレが揃っている。

 

トド・・・でかい。牙は無い。

 

セイウチ・・・でかい。牙がある。

 

とりあえずこの位の違いを伝えれば、大半のお子さんは

納得してくれるのではないでしょうか?

 

これでもうアザラシ、アシカ、オットセイの違いに悩む

事はありませんね^^

[`yahoo` not found]
LINEで送る