一日の疲れを癒してくれるバスタイム。お気に入りの入

浴剤で楽しんでいる方も多い事でしょう。

 

自分だけのオリジナル入浴剤バスボム)を作ってみた

いと思っている方もいるのではないでしょうか??

 

今回は重曹クエン酸を使って、簡単に炭酸入浴剤を作

る方法を紹介します。

重曹とクエン酸で炭酸入浴剤

まずは基本となる材料を用意します。必要なものは、

重曹とクエン酸です。スーパーやドラッグストアで売っ

ていますので簡単に入手できると思います。

 

大量に使いたい人はネットで買うとお得かもしれませ

んので、用途に合わせて検討してみてください。

 

この重曹とクエン酸を混ぜ合わせると化学反応が起こ

り、二酸化炭素が発生します。

 

お湯の中でこの反応を起こしてあげれば炭酸風呂になる

というわけです。簡単ですね。

 

分量は、重曹大さじ2に対してクエン酸大さ

じ1です。

これを混ぜ合わせてお風呂に入れるだけです。

 

 

炭酸風呂の効果で体の芯まであったまって疲労回復や、

美肌効果もありますのでぜひ試してみてくださいね。

 

また、この手造りレシピのいいところは自分で好み

香りづけや効果をプラスできるところです。

 

デトックス効果をより高めたい人には粗塩を大さじ2

えると発汗作用が高まり、たっぷりと汗を流すことがで

きおすすめです。

 

リラックス効果を求める人は、お気に入りのエッセン

シャルオイルを数滴加えてアロマの香りを楽しむのがい

いでしょう。

 

 

重曹とクエン酸を混ぜるだけで簡単に炭酸入浴剤が作れ

ますが、毎回粉を混ぜて入れるのもめんどくさいしなん

だか味気ないという人は固形にしておくのがオススメ

です。

 

重曹大さじ2クエン酸大さじ1にコーンスターチor片栗粉大さじ1と水を少々

好みでエッセンシャルオイルや粗塩、ドライフラワー

など。

 

これを、クッキーの型など好きな形に固めて乾燥させれ

ば市販されているようなオシャレな入浴剤が出来上がり

ます。

 

注意点としては、水を入れすぎると化学反応が進んでし

まい炭酸が抜けてしまうので気をつけましょう。

 

また、出来上がった入浴剤は空気中の水分と反応してし

まわないように乾燥材と一緒に箱などに保管しておき

ます。

重曹とクエン酸の炭酸入浴剤の効果

お湯が温泉のようなとろみのある感じになります。

 

重曹の弱アルカリ性が角質を柔らかくしたり、肌の古い

汚れを落としてくれます。いわゆる美肌効果ですね。体

臭の元も洗い流してくれます。

 

細かい炭酸ガスを含んだお湯が結構を促進してくれます。

血流が良くなり肩こりや腰痛にも良く効きます。

 

また、血流が良くなり発汗作用もあるため代謝も良くな

ります。

 

炭酸ガスが皮脂を吸着するので、毛穴の奥の汚れもすっ

きり綺麗になります。

最後に

炭酸風呂の効果をより高めるためには、38度位のお湯

にじっくり肩まで浸かるのが良いようです。

 

半身浴よりもしっかり全身を炭酸風呂に浸けた方が良い

のですね。

 

お湯の温度が高すぎると炭酸がすぐに抜けてしまうので

気をつけてください。

 

 

とても簡単に炭酸風呂が楽しめるのでぜひやってみてく

ださいね^^

[`yahoo` not found]
LINEで送る